みんないくつくらいで家を買う?

お子さんが小さいうちに家を購入しておきたい、いやいや、生まれる前に一戸建てを購入しておく方がいいよ、いや、子供が巣立ってから夫婦二人が暮らせる間取りの家があればいい、一戸建ての建築を考えている方も、家を建てるタイミングはご家庭によって全く違います。でも平均的にどのくらいの年代で現代、家を建てているのか?見てみると、やっぱり高齢になってから住宅ローンが残らないように配慮して家を建てているということがわかります。

年代注文住宅を建設された方が、いつ工事に着手されたか、一番多い年代が、30代です。次で40代、30未満、50代と続きます。注目なのが、30歳未満と同じくらいの率で60代で家を建設されているご家庭もあるという点です。お子さんが結婚されて二世帯住宅を購入するとか、お子さんが結婚し独り立ちしたので夫婦二人で暮らせる小さい家を建設したなど、この年代になってからも、住宅建築は可能なのだということがわかります。

分譲住宅も30代が一番多く、次いで40代、30歳未満となり、60歳代は、がくんと下がります。分譲住宅を購入するのではなく、自分たちの今の年齢、ライフスタイルに合った住宅建設をされているのだということが、ここでわかります。